安心のベノサン弾性ストッキング♪

〜医療用じゃないと効果ない〜

ベノサン、弾性ストッキングがマタニティー期間に必要になる理由!

ベノサンの医療用の弾性ストッキングを知っていますか?妊娠中の服選びの前に、弾性ストッキングで足の予防をすることが、マタニティーである際、最も重要なことになります。

目次  

  • 弾性ストッキングとは?
  • ベノサンの弾性ストッキングの秘密
  • 妊娠中にベノサンの弾性ストッキングが必要となる理由
  • 妊娠中!知らないと『恐い病気』
  • なぜ、医療用弾性ストッキングでないと効果がないのか?

  

弾性ストッキングとは?

 弾性ストッキングとは、下腿(足)を圧着する、少し圧がきついストッキングです。よく、妊娠中の人や骨折後の入院者、寝たきりの高齢者が活用するグッズですが、大きな効果としては、足のむくみ予防として使われるグッズです。

 

ベノサンの弾性ストッキングの秘密

 なかでも、ベノサンの弾性ストッキングは、楽天ランキングで1位を多くとっており、医療の中でも革命的な存在となっています。一般的に医療系の弾性包帯は市販で販売されていないのですが、病院などの特殊な場所以外でも購入ができるようになったのは、ベノサン7000とベノサン5000が初めての弾性ストッキングです。

  

続きを読む

弾性ストッキング、医療用ベノサン7000の禁忌事項

医療用弾性ストッキングの禁忌事項

 弾性ストッキングは、むくみ予防や深部静脈血栓症の予防のために活用しますが、やってはいけない禁忌事項があります。

  

このことを、知らずとやってしまうと弾性ストッキングの効果が無いだけではなく、逆に有害な障害を及ぼすことになるので、しっかりと最後までお読みください。    

弾性ストッキングの特徴は、圧着が強い

 弾性ストッキングは、医療用であっても、一般用であっても、基本的に普段のソックスやストッキングより弾性ストッキングの方が圧着が強いです。圧着が強いことは、当然なことかと思うかもしれませんが、知らないことで、後に合併症の併発や不具合の原因となるため、重要なことと認識した上で必ず頭に入れておきましょう。

  

弾性ストッキングの禁忌事項

 シワを作らない

サイズが合っていなかったり、シワができると局所的な圧迫が加わります。一般のストッキングより、圧着力が強いため、シワができることによって、医療用弾性ストッキングの圧が、一部分に集中してしまい皮膚を圧迫してしまいます。

 医療用弾性ストッキングが圧迫することによって、阻血状態といって、血の廻りが滞ってしまう現象が起きてしまいます。その結果シワによる圧迫によって、血行障害が起きます。最悪な場合壊死といって、二度と回復しないくらい酷くなる場合もあるため、気をつけましょう(長時間の圧迫によって阻血→壊死となります)。また、神経の圧迫が長くなると、正座をしたように足が痺れる、腓骨神経麻痺、いわゆる下垂足という、つま先が持ち上がらない状態となってしまいますので、医療用弾性ストッキングのシワを作らないように、意識しましょう。

  

 損傷部位は避ける

傷がある場合は、長時間の弾性ストッキングの着用は控えましょう。傷がある部分は、非常に弱い部分となっており、弾性ストッキングをしたまま動くことで、皮膚とストッキングの間で軽い摩擦が起きます。普段なら、気にもならない摩擦ですが、皮膚が弱っていると、かぶれや発赤の原因になる可能性が高く、擦れたことによる皮膚トラブルの発生が起きる可能性があるため、傷を負った場合は慎重に履きましょう。

 

 無理に折り返さない

サイズが合わないと、サイズの調整のため端を折ったり調整しようとします。しかし弾性ストッキングの場合は、折り返しは禁忌です。なぜなら、折り返すことによって、弾性ストッキングが二重となり、加わる圧も2倍となります。弾性ストッキング自体、着圧が高いストッキングとなるため、2倍となるとかなりの圧力となり、圧迫の原因になります。血管障害や神経障害の原因となるため、医療用弾性ストッキングのサイズは、ちょうどのサイズあるいは少し短めになるように購入しましょう。

 

<弾性ストッキングの購入はこちらから> 

 

ベノサン,弾性ストッキングの履き方のコツ!(つま先なしタイプ)

ベノサン弾性ストッキングには、履き方のコツがあります。商品に同梱されている足カバー(ベノグライダー)が意外と重要です。

  

履き方のポイントとしては、4つです。

 

 

(1)ベノグライダーを履く

 まず、簡単にベノサン弾性ストッキングを履くためには、同梱されているベノグライダーは素足に履きます。

 

(2)ベノサン弾性ストッキングを裏返す。

 次にストッキングの内側に手を入れ、かかとの部分をつまみベノサン弾性ストッキングを裏返します。

  

(3)かかとの位置を合わせる

 裏返したら、ベノグライダーの上から、弾性ストッキングを履きます。まず、かかとを合わせ、かかとを合わせたら、裏返したストッキングを戻します。

 

(4)シワにならないように履く

 そして、下から順番にシワにならないように伸ばしながら引き上げます。最後にベノグライダーを抜いたら完了です。

  

 

 

エコノミークラス症候群の予防

エコノミー症候群とは、、、

エコノミー症候群とは、別名ロングフライト症候群・エコノミークラス症候群とも呼ばれ、ふくらはぎの静脈が固まる病気を指します。血液のかたまりを「血栓」といい。この血栓が下腿にできることを、エコノミー症候群と言います。

 一見、足だけの病気と思われますが、血の塊が飛ぶことによって、肺への影響も出現し、最悪の場合死に至るほど危険な病気へ変わることもあるため、しっかりと最後までお読みください。

 

エコノミー症候群の原因

エコノミー症候群の原因は、大きく2つあり、水分不足と運動不足です。

 水分不足

 血液を構成する物質に、水と電解質があります。水が少なくなればなるほど、血液が固まりやすい状況が起きるため、水分不足が多発すると、血液が固まり血栓ができやすくなります。

続きを読む

ベノサン、ママラインが新しく発売。

医療用弾性ストッキングで、新しくベノサンストッキングのママラインが発売されました。

  

ベノサンのママラインとは、お腹上から履ける弾性ストッキングで、妊婦の時、つまり妊娠後期から履くベノサンの弾性ストッキングです。

 

マタニティー専用の弾性ストッキングで、足のむくみ解消グッズとなります。

  

妊娠後、マタニティー期間中に必要となる弾性ストッキングで、妊婦さんが下肢静脈瘤にならないようにする予防策として重要であったり、帝王切開後の場合に必須ともなるアイテムになります。

  

下肢静脈瘤の原因や、帝王切開後に妊婦が血液凝固しやすい理由については、

下記リンクに、詳しく記載してあります。