ベノサン、弾性ストッキングがマタニティー期間に必要になる理由!

ベノサンの医療用の弾性ストッキングを知っていますか?妊娠中の服選びの前に、弾性ストッキングで足の予防をすることが、マタニティーである際、最も重要なことになります。

  

 

 

弾性ストッキングとは?

 弾性ストッキングとは、下腿(足)を圧着する、少し圧がきついストッキングです。よく、妊娠中の人や骨折後の入院者、寝たきりの高齢者が活用するグッズですが、大きな効果としては、足のむくみ予防として使われるグッズです。

 

 

ベノサンの弾性ストッキングの秘密

 なかでも、ベノサンの弾性ストッキングは、楽天ランキングで1位を多くとっており、医療の中でも革命的な存在となっています。一般的に医療系の弾性包帯は市販で販売されていないのですが、病院などの特殊な場所以外でも購入ができるようになったのは、ベノサン7000とベノサン5000が初めての弾性ストッキングです。

 

 

今では、マタニティ専用の弾性ストッキングが発売されており、医療系なのに種類が多くなったのも特徴的です。

   

ベノサンの販売実績として、病院導入数100箇所以上、累計3万足以上売国125カ国以上の実績を持っているため、詳しく知りたい方は、上記の赤い画像のページから確認して[VENOSAN COMPRESSION STOCKINGS]を確認ください。

 

妊娠中にベノサンの弾性ストッキングが必要となる理由

  妊婦になってから、病院で入院期間が長くなる、あるいは出産後ベッドで横になっている期間が多くなると、『下肢静脈瘤という病気になりやすくなります。この下肢静脈瘤に、ならないためにベノサンの弾性ストッキングが欠かせないアイテムになります。

 

妊娠中!知らないと『恐い病気』

 下肢静脈瘤とは、知らないと本当に恐い病気に変化し、最終的には死に至る病気まで変化してしまいます。下肢静脈瘤とは、ふくらはぎあたりの血管(静脈)が固まってしまい、血液のわずかな塊ができる病気です。

 このままでは、直接→死に至ることはないのですが、血液を固まってできる血の塊を「血栓」と呼び、この血栓が何かしらの影響で、剥がれると血液の流れによって、心臓へ戻ります。心臓へ通過後肺へ行き、その肺まで流れると血栓が肺で詰まってしまし、肺塞栓という、とても恐い病気となり、ほとんどが死に至ってしまいます。

 

 この予防のために、1つのアイテムとして弾性ストッキングが医療の現場で活用されます。

  

   

なぜ、医療用弾性ストッキングでないと効果がないのか?

  血液が固まる理由として、筋肉の収縮が少ないことがあります。つまり筋肉による足への締め付けが少ない代わりに弾性ストッキングで、内側から出なく外側から圧迫をかける必要があります。そのため圧着ソックスとして、弾性ストッキングが必要となります。

 しかし、ただ締め付ければいいという問題でなく、締め付けが強すぎると血液が止まってしまし、青く締め付けられたようにアザのようになってしまいます、逆に弱すぎると圧着の効果がなく、一般的の靴下を履いているようで、全然ストッキングの意味がありません。

  

そのため、何度も研究を重ね医療の現場でも活用されているベノサンの医療用弾性ストッキングでないと、意味がないのです。

 締め付けが体の中心へ戻るような締め付けの構造となっているベノサンストッキングしか、一般販売がないのです。

   

 

実店舗には、まだ置いてなく医療用の弾性ストッキングは、ここでしか販売していないため、ベッドサイドでまだ入手していないのであれば、すぐに履くように心がけましょう。